アナログ時間のススメ

電子機器から離れる時間

Relaxcampでは、
「電子機器はOFFにする」
ことを推奨しています。

私たちは、普段携帯電話や、
パソコンなど、さまざまな
デジタル機器に囲まれて生活
しています。

これらは、私たちの仕事をサポート
してくれたり、日常生活をスムーズ
にしてくれるもの。

でも、あまりに電子機器に触れすぎて
いることで、逆に疲れてしまうことも
ありますよね。

家に帰ったのに、
仕事のメールを確認してしまい、
家でも仕事モードが抜けきれなかったり
寝る前にFacebookやLineをみていたら
寝る時間が少なくなってしまったり
家に帰っても、携帯をみて家族や恋人と
目を合わせずに会話していたり。

デジタル機器から離れる時間を意識して
作ることはとても大切なのではないでしょうか?

一日にアナログ時間を作り出す

アナログ時間とは電子機器に
一切触れない時間。

一日に1時間でも意識して
作り出すことで、普段とは違う、
ほっと癒されるような時間が
生まれます。

お茶を入れて、
ゆっくりと読書を楽しんだり、

家族や恋人と目を合わせて
おしゃべりを楽しんだり、

目の前に起こっていることに
純粋に意識を向けられている
自分を発見することができる
のではないでしょうか。

2011年に亡くなったアップルの
創業者であるスティーブジョブスは、
会社としてさまざまな画期的な
電子機器を生み出しましたが、
家では子供に対して電子機器の
利用を厳しく制限していたそうです。

家族と食事を食べる時間
さまざまなトピックで会話を楽しむ時間
その何気ないけれど大切な時間が、
電子機器によって失われてしまうかも
しれない。

さまざまな電子機器を世の中に
生み出した創始者だからこそ、
その危険性を痛いほど理解して
いたのだと思います。

アナログ時間を作ってみませんか?

一日に一時間、
電子機器をお休みしてみる。

寝る前の2時間は
電子機器に触れないようにする。

休日は電子機器の電源を
OFFにしてみる。

電波の届かない大自然に
遊びにいってみる。

さまざまな方法や
やり方があると思いますが、
ぜひあなたのやりやすい方法を
試してみてください。

あなたが本当にエネルギーを注ぐべき
ところは、携帯を触っている時間や、
パソコンを触っている時間ではなく、
もっと身近なこと。

目の前に起こっていることだったり、
目の前にいる人に、ぜひ、あなたの
エネルギーを注いでみてください。

ほっと自分の呼吸が深くなったり、
人とのつながりを実感できるような、
癒しある時間を実感できるかも
しれません。

それでは、私もここでパソコンの
電源を切ることにします。

皆様の命である時間が、
幸福に包まれますように。

(——–OFF…)

現在募集中のプログラム

▼9月のキャンプ、現在募集中
9/12-13(日)「ヨガ」×「クリスタルボウル」Relaxcamp -心と体の癒しの2日間-

▼9月27日開催、十五夜ヨガ現在募集中
9/27(日)「お外ヨガ」×「マクロビごはん」〜ティピテントでプチキャンプ体験♪十五夜お月様を楽しもう〜

Leave a Reply

CAPTCHA