リラックスの向こう側に

自分のことだけを考える時間は、つくろうと思わないと、なかなかつくれない。

だから、自分に対してエネルギーを使える機会というのは、貴重なんじゃないか。

自分に対して、十分なエネルギーを使えるときは、人は元気だし、自分の言葉で話をすることができるし、たとえ自分を優先したとしても、なんだかやさしくなるものだと思っている。

そういう場を、そういう時間をぼくらはつくれるのだろうなと思っています。

自分のために時間をつかい、自分のために行動をする。

きっとその先には、自分じゃない誰かの笑顔に繋がっている気がするのです。

よししげ

Leave a Reply

CAPTCHA