春が近ずいてくる香りと空気と光

さくら2

 

朝、ちょっぴり寒かったけどカメラを持って散歩に出てみました。

 

1本だけ桜の咲いてる木がありました。

小さな背丈の小さな桜の木。

だけど歩く人の足を止めます。

 

 

みんな近づいてじっと見ます。

桜きれいだね〜なんておじいちゃんやおばあちゃんに声かけてもらい

少し仲良くなる。

自然に触れると人は暖かくなって、砕けて打ち解けやすくなる。

 

 

 

 

一人椅子に座って大きく深呼吸。

目を瞑ると太陽の暖かさに、少し暑いな〜って思ったり

風が吹くと気持ちよい風で、暖かくって。もう冬じゃないんだよ。って言われてような。

 

DSC_0399

散歩中のワンコ。

撫でてる最中も写真を撮ってる最中もこの角度。この表情。

心の中では何思ってるのかな。笑

 

 

 

今日は初めてのリラキャンBLOG投稿。

のってぃを少し知ってもらおう月間。笑(あと何回今月書くのか未定です笑)

私の好きな感覚を1つ紹介します。

 

私は、写真を撮るのも好きだけど見るのが大好きです。

料理が運ばれて、自分の目の前に出てきたときの料理から醸し出される雰囲気が大好きです。

 

(ありゃりゃ。1つじゃなかった。笑)

 

 

 

写真を撮るようになったのは、写真をみて、写真に魅了されました。

写真って、撮る人によって雰囲気が変わる。

撮る人の世界観が現れます。

 

こんな風に見てるんだ〜とか

こんな感覚なんだ〜とかとか

 

撮った人の作りたい世界観を感じるのが好きです。

 

 

 

料理も同じく。

大学生の時にアルバイトをしていたVEGANカフェ。

レシピ通り作るのに、オーナーのMEGさんが作る料理は

生き生きしていて、みずみずしくって、彼女に作られた料理たちは

まるでディズニーの映像で出てきそうな

”食べて!食べて!おいしいよ!”って喋ってるような(ディズニーでは食べ物は喋ってないかな?笑)

料理でした。

 

 

高級料理を勉強で食べに行ったときも

シェフの作る世界観や、思いが伝わる。

 

この感覚がたまらなく好きです。

 

 

私もいつか自分の世界観を表現したい。って強く思ってたのを思い出します。

いや、いまでも強く思ってるかな。

 

 

そんな私。

 

さくら

 

桜は何も話さないけど

人を明るくさせる。

春ですね。

Leave a Reply

CAPTCHA