【2015年3月28~29日 Relaxcamp開催レポート】

3月28日。

晴れ。

雲一つ見当たらないくらいに空が青くて広い。

まさにキャンプ日和。

3月のキャンプはまだまだ寒い。

でも、幸運なことにこの日は天気に恵まれた。

Relaxcamp第三回目、開催してきました。

 

今回のキャンプのメンバー


000368270000017458106_2L

今回キャンプに参加してくれたのは、

それぞれ色が違う3人の女性。

おっとりしてて、
ふんわり癒し系の「てるみん」。

マイペーーーースに
自分のしたいように楽しむ「くー」。

ここ最近、色んな体験を通して
変化している真っ最中の「かおる」。

そこに加えて、スタッフ四人で、
7人でのキャンプ。

てるみんと、くーと、かおるが
キャンプ場に来たとき、
スタッフ含め7人はなんだか
既に打ち解けていました笑

どんなキャンプになるのだろう。

 

どんなキャンプにしたい?


皆集合してお昼ご飯後を食べる。

その後は、お散歩タイム。

2人ペアで「どんな二日間にしたいか?」
をテーマに会話しながら本栖湖周辺をあるく。

みんながお散歩から戻ってきてから、
「どんな二日間にしたいか?」
をきいてみました。

000368270000017457912_2L・てるみん

「自分の五感を開いて、感じる二日間にしたい」

実際にてるみんは色んなものに触れたり、
目の前の景色をじっと見たり、
音を感じたりしていた。

000368270000017457999_2L

・くー
「”よあけ”という本を夜明け前に読みたい」

くーは、親しい人から
“本栖湖にキャンプにいくならこの本を持っていきなさい”
と勧められ、”よあけ”という本を持ってきていました。

000368270000017458465_2L

・かおる
「自分が感じている”感じ”をただそのまま感じていきたい」

かおるは、本当に自分の思うままに、
気の向くままに、
その時に起こっている瞬間そのものを
楽しんでいるように感じました。

 

それぞれの時間の過ごし方


フリータイムに入ると、

それぞれが自分の心の赴くままに
時間を過ごしていました。

日が沈む瞬間を見るために、
日が暮れるまでずっと
湖畔沿いで時間を過ごす人。

火を囲みながら、会話を楽しむ人。

ハンモックに揺られながらまどろむ人。

夜の焚き火とお酒の時間も、
みんなが好きなように時間を過ごす。

話したい人は話し、
寝たい人は火の前でまどろみ、
ギターを弾きたい人はギターを奏でる。

こころのおもむくまま。

000368270000017458487_2L 000368270000017458011_2L 000368270000017457953_2L 000368270000017458034_2L 000368270000017457978_2L

かおるが、
こんなことをいっていた。

「みんな、いる場所は違うんだけど、同じ地平にたっている感じ」

この言葉に凄く頷きました。

それぞれがそれぞれのことに意識を向けて、
時間をすごしている。

でも、一緒にその場にいて、
その場にいることが成り立っている。

誰にも脅かされずに、
当たり前のように成り立っている。

健やかな時間が流れていました。

 

ご飯の最中の会話


二日目のご飯の時間、
無言でご飯を食べている瞬間があった。

主催者として、無言になると
「みんな楽しんでるかな?」
と少し不安になる。

その無言を味わって、
その場をよくきいてみると
違うものが聞こえてきた。

カリカリ、ポリポリ、シャキシャキ
(ご飯を食べる音。野菜が口の中で砕ける音)

カツカツ、スー、ずずず
(食器が皿をこする音。お茶をすする音)

言葉がなくても、
そこには音が溢れていました。

豊かな音。
生活の音。

ぼくらは食べるという行為を通して、
言葉だけじゃなく、
いろんな会話をしているんだな。

000368270000017457817_2L

一日目のお昼ご飯は、ごぼうごはん、酒粕汁、キャベツの漬物

000368270000017458018_2L

晩御飯は、ココナッツカレー、玄米ごはん、しめじとほうれん草のソテー、水菜とカブとレタスのサラダ

000368270000017458092_2L

二日目の朝ご飯は、トマトスープ、カブの葉の漬物、水菜とカブのサラダ、焼きカブ、天然酵母パン、リンゴのソテー

 

ゆっくりと、時間が流れて、きづけばあっというまに終わりがやってきたキャンプ


000368270000017459591_2L

この二日に名前つけるとしたら、
一体どんな名前になるだろう?

そんなことを考えながら、
今思い浮かんでいるのは、

「ゆっくりと、時間が流れて、
きづけばあっというまに
終わりがやってきたキャンプ」

矛盾しているようだけど、本当に、
長いような、一瞬のような時間でした。

実際、一緒にいた時間は
24時間ほどだから、
短いのかもしれないけど、

でも、その時間の中には
色々な思い出がつまっています。

空を見上げれば目に飛び込んでくる青空。
月や星空。
夕焼け。
太陽が昇り徐々に明るく空。
虫の音。
薪が燃える音。
沢山の自然の中の色。
炭がチカチカ輝く色。
一緒に食べたご飯や。
1人1人の言葉。
会話。
笑い声。
良い時間でした。
改めて、であってくれた
三人にありがとう。

こういう瞬間を沢山ふやしていきたい。

また、会いましょう!!

Leave a Reply

CAPTCHA