自分の可能性、自分で狭めてない?

こんにちは。
しまです。

先週末は、
僕らの家で、下記のキャンプを開催してました。
kaikigessyoku1

ただ、
当日は

空が曇っていて、
皆既月食は、見れず。。

でも、
せっかくなので。

夜の森を、
散歩しました。

途中、
ヘッドランプを消し

1人の時間を
過ごしてもらったり。

暗闇の中を
歩く時間も取りました。

不思議なもので、

最初は、
真っ暗闇の
ように感じる森も。

慣れてくると、
ランプなしでも、
だんだんと見えてくる。

だんだんと、
ランプなしでも
歩けるようになります。

森に入る前は、、

「暗いところに行くのだから、ヘッドランプを灯して当たり前。」
「ヘッドランプがないなんて、あり得ない」

そう思う。

ただ、
いざ明かりを
消してみると、意外と「見える」

でも、

・・・きっと、
「視覚」だけじゃなく。

本当は
できるはずなのに、

できないと
思い込んでいることって
他にもいっぱいあるんじゃないかな、、と思います。

本当はできるはずなのに、
「まだ、この力が足りないから、できない」
「お金がないからできない。」
「・・・自分なんかじゃできない」

そうやって
自分自身で、、

自分の可能性を
狭めてしまっていることが
あるんじゃないかなと思います。

便利な
世の中になってく一方。
情報が多くなっている一方。

人が本来
持ってる力が
そがれていき、

真実
じゃない情報に
惑わされていく。

頭でっかちになり、
行動できなくなっていく。

だからこそ、
体験することって大事。

やる前から、
あきらめるのではなく、

「やってみて、見えること」

を大事にしたら、
もっと、毎日が楽しくなるのかな、と思います。

自然は僕らに
たくさんのことを教えてくれる。

Leave a Reply

CAPTCHA