格好つけなくてもいい。等身大がいちばんの輝き。

IMG_0986

 

 

こんにちは。

まっきーです。

 

ここ1ヶ月、ほとんど休日は自然の中で過ごしています。

 

自然の中にいると、いつの間にか自然体になっていくことが多いので

そのひとの素顔を垣間見る瞬間がたくさんあり、嬉しくなります。

 

 

それは普段はクールな人の、子どものような無邪気さだったり。

いつもは誰かの笑いを誘うようなおちゃらけキャラの人の、黄昏だったり。

普段はテキパキ仕事をこなして早口な人の、穏やかな表情とゆったりとした語り口だったり。

 

そんな瞬間がわたしは好きです。

 

 

社会の中で役割を持って生きていると

“こうでなければならない”

に縛られすぎてしまうことがあると思います。

 

 

何かをするにあたって役割はあります。

でも、その役割がすべてじゃないよなぁって思うのです。

 

 

人間だから、矛盾もあります。

迷いや葛藤も日常茶飯事。

 

 

役割に自分を染めていく必要はなくて、

等身大の自分は自分でいていい。

 

人生において綺麗に完璧でいることは

さほど重要ではない気がしています。

 

 

自然の中にいくと、そんな想いがいつも強くなります。

 

 

等身大の姿って、本人が思っているより

とってもとっても魅力的です。

 

 

だから、等身大の自分に戻る時間って

大事だなぁとよく思うものです。

 

 

誰かにならなくてもいい。

格好つけなくてもいい。

 

そのままのあなたでいることが

一番の輝きだなぁと思う最近です。

 

Leave a Reply

CAPTCHA