ハチミツって蜂の蜜じゃなくて。

ハチミツというものは、蜂の蜜ではなく、蜂が集めてきた花の蜜だ。

と、考えたら、当たり前のことを、最近ようやく実感した。

先週の日曜日、布団の中で漫画を読みながら久々にごろごろしていたら、親に呼ばれ、なんじゃい、とブスッと呼ばれるままに外に出た。

すると、麦わら帽子にメッシュのたれかけと、全身ブルーのウインドブレーカーを着用したおじさんが、大量の蜂にかこまれて、せっせと蜂の巣と蜂を集めている。

これは一体、、、。。。

話をきくと、近所に住んでいる農家さんらしく、ハチミツもあつかってるのだとかで、蜂の巣駆除、ではなく蜂の巣収集をしているらしい。

例にもれなく、うちも知り合いということで、蜂の巣を駆除(ハチミツおじさんにとっては蜂の巣採取)をお願いしたという。

テレビでは見たことがある光景が目の前で繰り広げられているというのは、なんとも不思議なもんで、ぽけーーって眺めてたら。

膝上短パンとTシャツという寝巻きスタイルの自分は、いつ刺されてもおかしくない!と思い、有る程度眺めたら退散した。

その日の夜、ハチミツおじさんはその蜂の巣から取れたハチミツを持ってきてくれた。

うちの近くにいた蜂は、日本ミツバチだとか。日本ミツバチの行動県内は2キロほど(西洋ミツバチは5キロだとか)。だから、このハチミツは、このあたりの味らしい。

当たり前だけど、ハチミツにも地産地消ってあるんだ。と思った。

改めて、うちの付近の花の蜜の味を味わいました。こういう花が咲いてるのか〜とか思いながら。よくもまぁせっせとこんな量になるまで集めたもんだ。ほんとに蜂って働き者だ。

こんなエピソードにより、ハチミツって、花の蜜なんだなーととりあえずのリアル感を得たのでした。蜂の蜜じゃないんだね。蜂が頑張ってあつめた花の蜜なんだね。

ありがたがって食べよう。蜂さん、せんきゅう!

よししげ

image

Leave a Reply

CAPTCHA