クリスタルボウルとは?

クリスタルボウルとは?水晶から奏でられる、新しくて懐かしい音

クリスタルボウルとは、水晶で出来た楽器。
水晶でできた器を、マレットという専用の棒を使って、クリスタルボウルをやさしく叩いたり、こすったりすることで音を奏でていきます。

その起源は「超古代文明アトランティス」時代から使われていたと言われています。

クリスタルボウルの音は、ヒーリングや瞑想・ヨガ・太極拳・気功のBGM、などの目的で使われています。

体の奥まで響き渡るその音は、身体を健康にする楽器とも言われています。

普段耳にしない、新鮮な音。
だけれども、どこかで感じたことのあるような懐かしい音。

11538982_10204824475116373_3103323651635039695_o

耳だけではなく、体全体で感じる音の癒しの効果

森の中に入ると、鳥のなき声や木々の揺れる音が聞こえてきます。それらが癒しの音になるのと同じような効果が、クリスタルボウルにはあります。

クリスタルボウルの音は、普通の楽器のように音階(ドレミ)が決まっていません。

たたいたり、こすったりすることで、「ボ〜ン」「コ〜ン」という音が響きます。

目をつぶって聴いているうちに、心地よくなり、いつのまにか眠ってしまう人も多いのだそうです。

どこか懐かしいような、心地よい音で、聴いてると体の疲れがスーーっと取れていくような感覚があります。

私は、クリスタルボウルの演奏を聴いていて、心地よい「音楽」は意識して耳にすることがありますが、心地よい「音」には意外と意識を向けたことが無いことに気がつきました。

1人でゆったりと過ごすのも、その良さがありますが、みんなで共有する静寂というのは、とても心地が良いです。
決して1人だけでは創りだせない感覚が得られることでしょう。

Leave a Reply

CAPTCHA