【2015年8月29-30日 Relaxcamp開催レポート】

雨キャンプのはじまり

000022389007
雨の日が好きになると、晴れの日も、より好きになる。
雨の日の楽しみ方がわかると、晴れたときの楽しみ方は晴れの日のものだったことがわかる。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

夏の暑さも徐々におさまってきた8月の暮れ。
本栖湖キャプ上でRelaxcampが開催されました。

雨が降りそうだな~と思っていたら、やはり雨。
今回のキャンプはどうやら、雨と共に過ごす2日間になりそうです。

a0960_002810

今回のキャンプのメンバーは、男性4人に、女性5人。
スタッフ3人で、全12名のキャンプとなりました。

000022388571

集合したら、軽く自己紹介。参加の動機はそれぞれ。

「のってぃのご飯を食べながらお酒を飲みたい」

「アウトドア初心者だけど、自然の中で時間を過ごしてみたい」

「友達からの紹介で、人との出会いはそれだけで財産になると言われて勇気をだして参加した」

皆、それぞれの想いを持って、この場所に集ってきたことがわかります。どんな時間になるんだろう。期待が膨らみます。

そして自己紹介が終わったところでお昼ごはん!

お昼のメニュー: テンペとキノコの汁なし担々麺

000022389394
テンペはインドネシアの大豆の発酵したもの。キノコはシイタケをたっぷり使いました。甜麺醤と豆板醤ですこしピリ辛に。麺はゴマたれで和えておいてテンペとキノコの肉そぼろ風に絡めてたべました。

お昼ご飯を食べ終わった後は、「どんなキャンプにしたいか?」のそれぞれのイメージを紙に書き出して全員で共有しました。

・ハンモックで寝たい
・焚き火を囲みたい
・星空観察
・朝焼け、夕焼けを見たい
・しゃぼん玉
・湖の水面をみてぼーっとする
・キャンドルナイト…etc

000022388552 (1)

ぼくたちの行っているキャンプはフリーキャンプだからこそ、それぞれの意思や行動で何が起こるかが変わってきます。

ともすれば人と関わらないことも出来る。だからこそ、こうやってそれぞれの想いを共有することが大事だと思っています。

一人になりたくて一人になっているのか、一人になりたくないのに一人になってしまっているのかは、最初のそれぞれの「どんなキャンプにしたいのか?」を見ると少しだけですがわかる気がします。

こうして、ぼくらのキャンプは徐々に形となって表れてきます。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

そして、日が暮れるまでのフリータイムがはじまります。

000022388796
11914863_610287642446683_4260209926847737125_n11947513_610287745780006_8586608880077202958_n11960278_610287679113346_239527066159396436_n000022389255
11951229_894335563988927_5385121282303414706_n
11953040_894335380655612_457518272954855327_n
11951294_775271402581843_634913250274710864_n

日が暮れたら、キャンドルの光とともに、夕食へ。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

晩ごはんのメニュー: トマト豆乳カレー、きゅうりとオクラとワカメのゆかり和え、スプラウトとトマトサラダ、発芽玄米、枝豆

11947543_894335337322283_1246121063732595757_n
11947447_894335347322282_5169889179091158597_n
1時間ほど炒めた飴色玉葱とたくさんの夏野菜を入れたカレー
11986317_894335367322280_4977119506914778733_n
きゅうりとオクラとワカメのゆかり和えは、自家製ゆかりで野菜を和えた簡単さっぱりサラダ!
じゃがいもとキャベツのハーブ焼き。ハーブと塩で味付け。
スプラウトとトマトサラダは、シンプルにドレッシングはオリーブオイルと塩、醤油、酢だけ。トマトには塩だけかけたシンプルサラダ。
11217543_610287959113318_5432100178912669655_n
茹でたてのえだまめにこだわりのお塩を!!
11960257_894335507322266_665166904151186061_n
晩御飯を食べ終えたら、焚き火を囲んでお酒を飲みながらのしっとりした時間。
11986935_894335473988936_5929688812220339170_n
途中、雨が強くなってきたので、テントの中に移動し、キャンドルナイト。炎の光がきれい。
000022388674

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

22:00、振り返りの時間。それぞれが「どんな一日だったか?」を言葉にして、この日を閉じてゆきます。

Relaxcampでは、それぞれ好きなように過ごすので、みんながどこで何をしていて、どんなことを感じているのかは、こうして共有する場がないとわかりません。

でも、みんなの話をきいていると、「良い時間をすごしてたんだな」と思えました。

またいつか、ふと振り返りたく一日でした。おやすみ。…Zzzz

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

二日目も、やっぱり雨です!

11986403_894335393988944_3756717902719129649_n

おはようございます!やはり、雨!です。(笑)

日が昇り8:00頃からテントの中に朝食を並べはじめ、8:30にあわせてみんなゆっくり起床。

朝ごはん:二種類の天然酵母パン、洋風白和え、二時間蒸し煮して煮込んだトマトスープ

11990472_894335323988951_5660439134337288069_n
全粒粉を使ったパンと、オリーブオイルを使ったパンと、洋風白和え。白和えは野菜を豆腐とオリーブオイル、塩、砂糖、酢で味付けた洋風の味。
玉葱を3つトロトロになるまで蒸し煮をして作ったトマトスープ。
野菜を梅酒とオリーブオイルで炒め煮。爽やかな味。

朝ご飯を食べ終わるとまたフリータイムの再開です。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

11935058_894335430655607_6631718543366992781_n

二日目は一日目よりも雨の量が多く、なんと男子用テントが水の上に浮かぶような状況に!!

ちょっとひくくらい、雨が降っています。(笑)

一瞬ひやっとしましたが、「ウォータベット気持ちいいよ!」と男子のみんなは楽しんでいたようです。(男の子って前向きでいいよね)

雨の中でもお散歩する人、テントの中でごろごろする人、お話する人、色んなすごし方をしていました。

11953038_610287869113327_2948366756254033902_n
1982309_894335410655609_8491041475874715127_n

皆を見ていると、雨だから~という考えはあまり浮かばなくて、雨には雨の時の楽しみ方があるんだなあと思いました。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

解散前の振り返りでは、それぞれの言葉に涙がでそうになりました(いや、涙でてました笑)

「普段こういう場に来ないから、自分にとって、このキャンプに参加することは大きなチャレンジだった。来る前にも何回も悩んで悩んで参加した。けど、来てみたら、良い人ばっかりだった。このキャンプを誘ってくれた友達は、人との出会いはそれだけで財産になると言っていたけど、本当にそうだなと思いました」

「自分は普段アウトドアをやらなくて、むしろ絶対行かないというタイプだった。でもRelaxcampでハイキングにいって、キャンプにも行って、アウトドア元年になりました。だから、出会う出来事は全部楽しくて、本当に楽しい時間になりました」

「Relaxcampに申し込んだのは一年以上前で、その時は全然アウトドアなんて行かなかったけど、彼に色々な場所に連れて行ってもらって、少しアウトドアにも慣れた頃にこのキャンプに参加出来た。Relaxcampでは今まで体験したアウトドアとはまた違う楽しみ方を出来たと思う。」

「このキャンプに来たのは、自分が何かチャレンジを始めようとしている、その節目だったからなのかもしれない」

みんな1人1人の言葉を聞いて、ぼくら運営は皆涙目。笑

嬉しい、嬉しい。雨のキャンプは僕らとしても初めてでした。

000022389007

その雨の日のキャンプをこうして素敵な想いでとして残しておけたのは、この日来てくれた皆のおかげだと思ってます。本当にありがとう。

次は晴れの日キャンプもやりたいね。

雨の日キャンプを楽しめたぼくらなら、きっと晴れの日キャンプをもっとありがたがれるし、楽しめると思う。

また、自然の中で、あいましょ。

000022388575

Leave a Reply

CAPTCHA